地球温暖化と大気汚染

HOME » 知って欲しい地球環境と健康 » 地球温暖化と大気汚染

進む地球温暖化と大気汚染

温暖化や大気汚染は、健康や地球環境全体に悪影響を及ぼすことから大きな問題となっています。 地球温暖化は二酸化炭素を代表とする「温室効果ガス」が原因で起こります。大気汚染は、工場や車などが原因となり、人の健康を脅かします。

地球温暖化と大気汚染が引き起こす影響

健康被害

温暖化によって食料の生産性が下がるので、病気になる人、飢餓に苦しむ人が増える可能性があります。

海面が上昇

海岸線が内側に後退することで、陸地部分が減り、居住面積が減少します。

異常気象

温暖化による異常気象が熱波・洪水・旱魃・森林火災の自然災害を頻繁に引き起こすと言われます。

農業への影響

気候の変化により、農作物の生産量が減る可能性があります。乾燥地域は旱魃になる可能性もあります。

生態系が変化

気候の変化により、生育地域を変えざるを得なくなり、絶滅する種も多いと予想されます。

森林火災

乾燥化が進むために森林火災が起きやすく、多くの野生生物の生息地が失われるおそれがあります。

高橋合金は排出物質削減のために取り組んでいます

工業活動由来の温暖化・環境汚染物質と削減の為の取り組み

二酸化炭素CO2
温暖化温室効果の主原因

地球温暖化の原因となる「温室効果ガス」の4分の3以上にあたる76.0%もを二酸化炭素が占めています。高橋合金では以前からこの二酸化炭素排出量の削減に取り組み今では大幅な削減を達成しています。 29年度はさらなる削減を目指しています。

2013年度環境レポートを見る
ダイオキシン類
大気汚染発がん性の有毒ガス

廃棄物・塩ビ等の焼却時に排出されることが知られており、発がん性、生殖毒性、免疫毒性、神経毒性などが報告されています。高橋合金では、焼却時にダイオキシンが発生しない温度で焼却する精錬システムにより、ダイオキシンの発生を大幅に削減しています。

当社のダイオキシン 排出量の計量結果
硫黄酸化物
大気汚染酸性雨の原因にも

石油や石炭などが燃える際に発生するガスです。気管支炎やぜん息を引き起こすと言われ、酸性雨の原因にもなります。
高橋合金では、硫黄酸化物の削減に取り組み、基準を大幅に下回る排出量を達成しています。

当社の硫黄酸化物 排出量の計量結果
窒素酸化物
大気汚染呼吸器に悪影響

石油や石炭を高温で燃やす時、燃料中や空気中の窒素と酸素が結合して発生するガスです。高濃度の二酸化窒素(NO2)は、呼吸器に悪影響を与えます。高橋合金では、窒素酸化物の削減に取り組み、基準を大幅に下回る排出量を達成しています。

当社の窒素酸化物 排出量の計量結果

温暖化、汚染物質を削減して地球環境を守ろう

現代社会では、汚染物質を0にすることはできませんが、極力削減することは可能です。
また、リサイクルによって、不要な煤塵の発生を防ぐ事もできます。
ひとりひとりの意識によって地球環境を守ることができるのです。

トップへ戻る

SSRS