TAK-Gグリーン製品促進活動

HOME » CSR » TAK-Gグリーン製品促進活動

TAK-Gグリーン製品

TAK-Gグリーンメインイメージ

高橋合金は豊富な経験と技術力、独自のリサイクル技術によって、地球環境との調和を図りながら豊かで美しい未来社会をめざします。

この理念のもと、はんだ製品自体の環境性能を向上させるとともに、生産過程での環境への負荷を最小限にするよう、当社が独自に定めた基準を満たす製品を「TAK-Gグリーン製品」として適合性評価します。これをエコアクション21に準拠して、発信していきます。

TAK-Gグリーンマーク TAK-Gグリーンロゴ

製品や生産工程に込めた環境配慮への思いをシンボルマークに込めました。 高橋合金が生産活動を通じて地球環境を守っていこうという 決意を表現しています。

「グリーン調達製品」リサイクル鉛フリーはんだ

高橋合金TAK-G 循環型社会の実現

わたしたち高橋合金は、グリーン購入法が示す、環境に配慮した製品 「グリーン調達製品」としての、リサイクル 鉛フリーはんだを製造しています。
2001年4月、持続可能な社会を目指し「グリーン購入法」という法律が施行されました。製品に必要な資材を購入する際にその必要性を十分に考慮し、自社にとり環境への負荷が少なく、また購入する資材においても環境負荷を考慮して製造されたモノを優先して選択することとしています。
この購入法は、国や公的機関は勿論、事業者や国民も含め、環境負荷を低減した製品の選択に努めることが、責務だと明記し義務づけています。その項目は4つに括れます。

1)再生資源等を使用した製品
2)環境負荷を低減する材料の採用
3)生産時に炭酸ガス等の排出を削減
4)使用後に再使用や資源に再生がしやすく廃棄物量を減らす製品

さらに上記の環境物品選択に関して、各機関や事業者は環境負荷についての適切な情報公開をグリーン購入法で定めています。

政府指導の環境基準を厳密に守り精錬製造される
リサイクル”鉛フリーはんだ(グリーン調達製品) 

鉛フリーはんだのお客様である電気・電子機器メーカー、車載の電子部品メーカーが追求する「有害物質を使わず、最高の資源効率で製品の製造を進める」を実現させるため、TAK-Gは業界に先がけて1997年より「はんだリサイクルシステムSSRS」を開発し稼働しています。リサイクル 鉛フリーはんだの利用促進と再資源化に応え、産業廃棄物などの回収から精錬作業を通じて特殊技術(PAT.出願中)による高純度で高い再生率の鉛フリーはんだを製造しています。ご利用いただいている各メーカーから高評価の環境循環型のはんだリサイクル生産システムです。
高橋合金TAK-Gの鉛フリーはんだは、グリーン調達品として製造より20年間、毎年環境活動レポートの情報を公開、精錬作業によるばいじん類は国や自治体の定める環境規定値を遵守、さらにTAK-G独自の環境目標を制定し、近隣からの苦情も創業以来一度もありません。
私たち高橋合金はリサイクル、鉛フリーはんだ製造で長年培った技術力を活かし「資源の再利用」と「地球環境保全」という二つの課題に取組み、はんだリサイクルシステム設備の改善につとめ「循環型社会」の一翼を担っていきます。

リサイクル 鉛フリーはんだ製品の品質徹底と
環境負荷低減を実現する精錬システム

トップへ戻る

SSRS