エコアクション21の取り組み

HOME » CSR » エコアクション21の取り組み

高橋合金では、限りある地球資源を守る「エコアクション21」を
排出物の低減や、資源使用量の削減 環境教育などに長年取り組んでいます。

エコアクション21とは

平成27年度の環境レポートを見る

重油・軽油
使用量削減

高橋合金では、重油、軽油の使用量削減に取り組んでいます。

電気
使用量削減

高橋合金では、省エネルギーの観点から、電気の使用量削減に取り組んでいます。

二酸化炭素
排出量削減

二酸化炭素は、主な温暖化の原因となります。高橋合金では、毎年大幅な二酸化炭素の排出量の削減を達成しています。

LPGガス
排出量削減

LPGガスは、天然ガスに比べ、二酸化炭素の排出量が少なく、地球に優しいガスですが、環境に配慮し、排出量の削減に取り組んでいます。

環境教育

高橋合金では、社員全員が地球環境に対しての高い意識と知識を共有するために、環境セミナーなどを通じて積極的に環境教育を行っています。

グリーン購入

グリーン購入とは、環境への負荷の低減に配慮した製品やサービスを優先的に購入することです。高橋合金の事務用品は、エコマーク製品のみを購入しています。

煤塵
清掃と運搬

高橋合金では、煤塵対策として月一回以上必ず掃除機をかけ粉塵の飛散を抑えています。また、運搬時、保管容器と状態のチェックを必ず行っています。

地域ボランティア

高橋合金では、地域単位での環境の向上のため、清掃活動などを通じ積極的に地域ボランティアに取り組んでいます。

エコアクション21は、環境省の定めた
企業の環境活動の指針です

ISO14001より厳しい
エコアクション21の環境重視基準

エコアクション21とは、環境省が推奨していたことで知られるISO14001をベースとして構成されたシステムの一手法です。
エコアクション21認定企業は、PDCAサイクルにのっとり、自ら策定した環境方針と目標の策定環境方針、環境レポートの作成と公表があります。その基準はISOより厳しいと言われています。

ECO ACTION21システム図

高橋合金はエコアクション21の認定企業です

高橋合金は、長年の実績と経験を生かし、「資源の再利用」と「環境保全」という二つの課題をより高次元で解決するシステムを構築し、「循環型社会」=「循環型産業」を実践しています。

その一環としてエコアクション21を取得し、ガイドラインにのっとって環境への取り組みを進めています。

過去の環境レポート一覧

トップへ戻る

SSRS