リサイクルNEWS

HOME » 企業情報 » リサイクルNEWS

Recycle news

スウェーデンの環境への取り組み

2018年6月26日

スウェーデンの環境への取り組み

スウェーデンは、持続可能社会をつくるサスティナブルビジョンを 世界に先駆けて取り入れています。
ストックホルム市には人口35,000人のエコシティー地区があります。テレビでも紹介されていましたが、ここではリサイクルを徹底する事で、まるで夢のような循環型社会の実現が行われています。ごみのバキューム収集システムや緑に囲まれた下水処理場とバイオガス生産工場があり、燃えるごみは暖房用のお湯を沸かしたり発電して使います。
下水処理過程で発生する下水汚泥からはバイオガスが作られ、市バスもそのバイオガスで走っています。ごみを出さず、すべての資源は循環するというわけです。
こういった環境への意識の高さは、就学前から始まる環境教育で育まれます。小学校に上がる前の子供たちが通う就学前学校も含めて 学校全体で熱心に環境について取り組んでいることを認めてもらう「フラッグ」という制度があり、「ライフスタイルと健康、身近な環境、水資源、地球温暖化とエネルギー、消費生活、ごみのリサイクル」の中から取り組む項目を決め目標に向かって進めていきます。ごみを出来るだけ少なくするのはもちろん、紙は全てリサイクルし、環境にやさしい洗剤を使うなどの取り組みを行っています。

ガラス瓶のリサイクル

2018年04月26日

ガラス瓶

ジュースやビール等が入ってるガラス瓶。ガラス瓶は厚みがしっかりして、何度も使えるイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。
ガラス瓶の全てがリサイクルできるわけではありません。ガラス瓶は何度も使われるリターナブル瓶と、一度しか使われないワンウエイ瓶があります。
瓶を作るためには天然資源の石灰石、けい砂、ソーダ灰が必要です。貴重な天然資源を減らさないためにも又、リサイクルに使われる燃料資源を減らすためにもリターナブル瓶の利用が望まれるところです。
しかしながらペットボトルや缶と比べて重い、回収に出すのが面倒など、年々、リターナブル瓶の利用は減少し、ワンウエイ瓶の利用量が増えているのが現状です。その為ガラス瓶関係会社は瓶の重さを軽くする努力を続け、牛乳瓶の例を上げると2004年には40%以上も軽くした瓶が作られました。 でも、結局は私たち消費者が資源を守ることを考え、行動することが未来の資源、環境を守ることに繋がります。

環境優等生「段ボール」

2018年02月27日

環境優等生「段ボール」

段ボールがスーパーなどで大量に積んであるのを見て、紙の資源がもったいないな、と思ったことはありませんか?
実は「段ボール」は、リサイクルの優等生と言われている包材です。
段ボールのほとんどがリサイクル品で、段ボールの原材料の90%以上が一度使用された段ボールでできています。
リサイクルのシステムは確立されていて、日本での回収率も95%を誇ります。

リサイクルされずに放置された場合も段ボールの材料は木材と、天然ののりなので、環境を汚染せず、そのまま土に還ります。

紙をたくさん使うので、資源の無駄遣いと思われがちの段ボール。ネット通販の利用などででますます需要が増えていくことが予想される中、再生紙だけで賄えるかどうかは疑問が残りですが、環境に優しい包材であることは確かなようです。

年末の大掃除で不要品処分

2017年12月28日

年末の大掃除で不要品処分

年末の大掃除の時期。不要品が大量に出るイベントでもあります。不要品を粗大ごみとして捨てずにリサイクルショップに持っていけば、お金になるかもしれません。

高く査定されやすいのは、
・電動工具
・ブランド品、ブランド食器(新品)
・金券
だそうです。

ブランド品やブランド食器、金券は納得ですが、電動工具は意外ですね。反対にブランド以外の衣類はなかなか値がつきにくいので注意が必要です。
中古食器も買い取り自体敬遠されがちだとか。

ただし今の時期は大掃除する家庭が多く各家庭で不要品が出るので、リサイクルショップは大忙し。買い取りに待たされることもあるようです。

リサイクルプラザで家具を賢く手に入れよう

2017年10月30日

家具

町を歩いていると、粗大ごみにまだ使えそうな家具が出されているのを見た事がありませんか?家具の多くは壊れたからではなく、デザインが古くなったり、置く場所がなくなったという理由で捨てられています。

捨てられている家具を仮に欲しいと思っても、見ず知らずの捨て主に声をかけるのは相当の勇気が要りますね。

そんなときはリサイクルプラザに行ってみましょう。

リサイクルプラザでは粗大ごみに出された家具を必要に応じて補修などして販売しています。まだ使える家具を再利用することで、少しでもごみを減らし、資源を有効利用することが目的です。

粗大ごみを再利用して販売しているため、営利を目的とせず、とても安い価格で家具を入手できます。

子供のベビーベッド、学習机など期間限定で使用するものはリサイクルプラザを利用して手に入れてみてはいかがでしょうか。

牛乳パックのリサイクル

2017年8月29日

牛乳パック

ご家庭で、いつの間にか溜まっていくもののひとつ、牛乳パック。
ついついただ捨てている方も多いと思いますが、捨てた場合、処理するのにエネルギーがかかり、CO2が発生します。

これをトイレットペーパーにリサイクルするとどうでしょうか。リサイクルは、手間とコストが割に合わないイメージもありますが、実は牛乳パックからトイレットペーパーを作った方が木から作るよりも安くできます。さらに牛乳パック6個で、トイレットペーパー1個が出来ますので資源再生の効率も良いと言えます。

地球環境資源を大切にするため、牛乳パックを積極的にリサイクルしましょう。

ホッチキスの針はとる、とらない?

2017年5月16日

ホチキス

不要になったホッチキス留めの会議資料。資源ゴミとして捨てるとき、ホッチキスの針がついたままだと、リサイクルに支障があるような気がして、一生懸命手で取ったことがある人も多いはず。
でもホッチキスの針は外さなくてもリサイクルできるのです。なぜなら、再生紙を製造する過程でホッチキスの針を取り除く工程があるから。ただし、除去作業の負担軽減の考えから、「できるだけ外してくれた方がありがたい」とのことです。

古紙にならない「禁忌品」をきちんと把握しよう!

2017年5月16日

ホチキス

その紙、古紙になりません!
分別のとき、是非気をつけて欲しいのが古紙にならない「禁忌品」を混ぜないこと。どれが「禁忌品」にあたるかをきちんと認識している人は案外少ないようです。
禁忌品は多岐にわたるのでしっかり把握しておきましょう。

汚れた紙 ピザ、ケーキなどの包み紙・石鹸の包装紙(臭いがついている)・鞄のつめもの
特殊な紙 不織布・転写紙・感熱性発泡紙・ストーンペーパー・圧着はがき
粘着物の付いた封筒・紙コップ、紙皿などの防水加工紙・カップ麺容器・クッキングシート
レシート・伝票
その他 粘着テープ・ファイルの金具・ワッペン・建材用に使用される紙、果物のクッション類
ワックス付段ボール・カタログ等に付属したサンプル類

リサイクルショップで不要品処分!

2017年5月16日

ホチキス

引っ越し等で不要になった家電。リサイクル業者に引き取ってもらうとお金がかかりますね。そんなときはリサイクルショップに売ってみるのも一つの方法です。あなたにとって不要な家電でも、他の人は欲しいかもしれません。
以下のことを注意して、リサイクルショップに行ってみましょう。
思わぬ高値で売れるかもしれませんよ。

  • ・複数の店舗に査定を依頼して比較する
  • ・専門店を選ぶ(デジタル機器、ゲーム機など)

トップへ戻る

SSRS