リサイクルNEWS

HOME » 企業情報 » リサイクルNEWS

Recycle news

リサイクルプラザで家具を賢く手に入れよう

2017年10月30日

家具

町を歩いていると、粗大ごみにまだ使えそうな家具が出されているのを見た事がありませんか?家具の多くは壊れたからではなく、デザインが古くなったり、置く場所がなくなったという理由で捨てられています。

捨てられている家具を仮に欲しいと思っても、見ず知らずの捨て主に声をかけるのは相当の勇気が要りますね。

そんなときはリサイクルプラザに行ってみましょう。

リサイクルプラザでは粗大ごみに出された家具を必要に応じて補修などして販売しています。まだ使える家具を再利用することで、少しでもごみを減らし、資源を有効利用することが目的です。

粗大ごみを再利用して販売しているため、営利を目的とせず、とても安い価格で家具を入手できます。

子供のベビーベッド、学習机など期間限定で使用するものはリサイクルプラザを利用して手に入れてみてはいかがでしょうか。

牛乳パックのリサイクル

2017年8月29日

牛乳パック

ご家庭で、いつの間にか溜まっていくもののひとつ、牛乳パック。
ついついただ捨てている方も多いと思いますが、捨てた場合、処理するのにエネルギーがかかり、CO2が発生します。

これをトイレットペーパーにリサイクルするとどうでしょうか。リサイクルは、手間とコストが割に合わないイメージもありますが、実は牛乳パックからトイレットペーパーを作った方が木から作るよりも安くできます。さらに牛乳パック6個で、トイレットペーパー1個が出来ますので資源再生の効率も良いと言えます。

地球環境資源を大切にするため、牛乳パックを積極的にリサイクルしましょう。

ホッチキスの針はとる、とらない?

2017年5月16日

ホチキス

不要になったホッチキス留めの会議資料。資源ゴミとして捨てるとき、ホッチキスの針がついたままだと、リサイクルに支障があるような気がして、一生懸命手で取ったことがある人も多いはず。
でもホッチキスの針は外さなくてもリサイクルできるのです。なぜなら、再生紙を製造する過程でホッチキスの針を取り除く工程があるから。ただし、除去作業の負担軽減の考えから、「できるだけ外してくれた方がありがたい」とのことです。

古紙にならない「禁忌品」をきちんと把握しよう!

2017年5月16日

ホチキス

その紙、古紙になりません!
分別のとき、是非気をつけて欲しいのが古紙にならない「禁忌品」を混ぜないこと。どれが「禁忌品」にあたるかをきちんと認識している人は案外少ないようです。
禁忌品は多岐にわたるのでしっかり把握しておきましょう。

汚れた紙 ピザ、ケーキなどの包み紙・石鹸の包装紙(臭いがついている)・鞄のつめもの
特殊な紙 不織布・転写紙・感熱性発泡紙・ストーンペーパー・圧着はがき
粘着物の付いた封筒・紙コップ、紙皿などの防水加工紙・カップ麺容器・クッキングシート
レシート・伝票
その他 粘着テープ・ファイルの金具・ワッペン・建材用に使用される紙、果物のクッション類
ワックス付段ボール・カタログ等に付属したサンプル類

リサイクルショップで不要品処分!

2017年5月16日

ホチキス

引っ越し等で不要になった家電。リサイクル業者に引き取ってもらうとお金がかかりますね。そんなときはリサイクルショップに売ってみるのも一つの方法です。あなたにとって不要な家電でも、他の人は欲しいかもしれません。
以下のことを注意して、リサイクルショップに行ってみましょう。
思わぬ高値で売れるかもしれませんよ。

  • ・複数の店舗に査定を依頼して比較する
  • ・専門店を選ぶ(デジタル機器、ゲーム機など)

トップへ戻る

SSRS